Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。

草野球2007年 ~イライラ爆発&救世主現われる

sport05


2007年(6年目)

●イライラ爆発
昨年の試合で点数が取れるようになってきたので、今年こそ初勝利を目指して頑張りましょいと気合を入れながら、5月始動から月2~3回土曜日に練習を行っていましたが、8月になろうかの頃になっても試合を行う様子もなく、何か変だなと感じてきやした。

ワシは試合がやりたいんじゃ!
そう思ったワシは初めてネットで草野球を検索しました。なんで今まで検索しなかったのだろう、ワシのバカバカw 草野球掲示板なるものがあり、そこには試合相手募集や選手募集など沢山の書き込みがありました。 チーム紹介欄を見て参加しやすそうなチームに早速連絡して、あっという間に試合に出させてもらいました。 いや~目からウロコでやんすね。 練習の仕方、試合前の準備の仕方、道具、心構えなど、教わるところが山のようにありました。

早速「話があると」部長&副部長を呼び出しました。 ちとウロ覚えだけど、2人とも休日出勤で仕事してたのかな、昼休みの会社のオフィスで熱く語りましたね。 あっ!もう一人、今年から野球部に参加している新部員の子も同席してやした。

ぼんず「この前、別なチームに参加して試合したけど、こんな感じであんな感じで、楽しかったよ~。うちらもそろそろ試合しないかい? 草野球掲示板で試合相手募集してるから連絡してみたらどう?」
副部長「オレは別に試合しなくても、練習で身体動かすだけでいいかなって思います」
ぼんず「・・・、部長の意見は?」(イライラするなあ)
部 長「・・・」

ふっ、ふざけんな~w

ぼんず「試合したくないの?本当に? そんな気持ちなんだ、熱くなってるワシがアホだったわw んじゃ野球部なんか解散したらいいっしょ、ワシはもう参加しないわw」


●救世主現われる
新人部員「あの~、僕は試合がしたいです!」

救世主現われる~^^!

ぼんず「だよね~試合したいよね~。折角入部してくれたんだし、とりあえず1試合だけでも決めるべ。お前らやらんならワシが決めるわ」
副部長「そういえばネットから球場予約できるようになったんですよ」
ぼんず「・・・それを早く言えよ~w」(イライラするなあ)

ぼんず「んじゃ、球場予約しておいて、ワシは相手決めるから」
副部長「いや、登録カードを作らなきゃいけないだけど、オレ作れないんです」
ぼんず「・・・なんで??」
副部長「古いシステムの方で既に登録カード作ってるから、もう作れないんです!」
ぼんず「・・・なんで?? 作ろうとしてダメだったの?」
副部長「いえ、作ってないけど、ダメだと思うんです!」

なんだこの会話w 意味判らん! イライラが止まらんw

ぼんず「もういいわ! 面倒くさいな、登録カードもワシが作るわい」

球場予約システムにログインし、カード申請手続きすること1週間で、手元にカードが届きやしたよ。 ワシも旧システムの登録カードを作ってましたよ。 なんなんだw やろうともせずに「できません」発言する根性が判らんw
※禁煙2年目に「行動できない人の心理学」なんて本を読んでみて、今ならなんとなく彼の心理も理解できるかな・・・理解しなきゃ・・・できるかっ!


●試合
そんなこんながありましたが何とか今年は3試合を行うことが出来ました。 んが、ワシはイライラしっぱなしのシーズンでやんしたね。 草野球は7回制で行います。3時間球場を予約しているので時間が余れば、お遊びで延長戦として試合を続行することがお決まりになってやす。 ある試合で7回制で8-13で負けました。 お遊びで延長戦を行い、相手ピッチャーの乱丁で8四球のヒット1本で逆転しました。 時間が来たので終了したのですが、部長&副部長が「勝った勝った~!初勝利~」とかってハシャいでるではありませんか!

アホかw


さらに、チーム名をワシが勝手に付けさせてもらいました。 ちとボンクラ的な名前をつけたんだけど、部長&副部長は自分の意見を言わないのです・・・
(何か言えよ反対すれよ! ボンクラ的なんだぞw)
もう勝手に決定しやした。 2年後、カッチョいい名前に改名しましたけどね。


●2007年成績
チーム 試合数3 0勝3敗
個 人 試合数3 打率.250 打点1 盗塁2 本塁打0 三振2


 


ページトップへ戻る